時を紡ぐモダンな界隈 暮らしの文化を楽しむイベント

文化のみちとは

  • HOME »
  • 文化のみちとは

名古屋の近代化の歩みを伝える歴史的な遺産の宝庫ともいえる名古屋城から徳川園に至る地区一帯を「文化のみち」と呼び、貴重な建築遺産の保存活用 や沿道景観と調和した緑道など道路整備によるネットワークをすすめています。

map

江戸期の長屋門や徳川園、建中寺、貞祖院に残る尾張徳川家の霊廟。
「陶磁器のまち」の名残である陶磁器会館、旧春田鉄次郎邸、橦木館(井元邸)。
近代産業の担い手となった豊田佐助や福沢桃介の暮らした邸宅。

文化のみちには、後生に伝えてゆきたいこれらの「歴史的建造物」のほか、たくさんの寺社や江戸期から続く商家などもあり、様々なテーマで散策を楽しむことができます。
路傍にたたずむお地蔵様や長屋、まちを見守ってきた大木、季節の花などを愛でながら、ゆっくりと歩いてみてください。

参考:ひがしネット 東区あらかると

文化のみちへのアクセスはこちら


PAGETOP
Copyright © 制作・運営担当 ひがしネット All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.